イギリスでお料理とアンティークを楽しむ暮らし

色々な国のお料理に挑戦しながら、アンティークやクラフトを楽しんでいます。

今日はハンガリー料理のグヤーシュを作りました 

 


今日の晩ご飯はハンガリー料理のグヤーシュを作りました。グヤーシュはハンガリーだけではなくドイツやオーストリアでも食べられている、トマト味のパプリカ(粉)入りの牛肉のシチューです。

グヤーシュは「お袋の味の料理」のため、家庭によって少しづつレシピが異なります。我が家は牛肉と玉ねぎ、人参、じゃがいも、パプリカ(野菜)を入れています。8月のクルーズ旅行のときに、スロベニアのスーパーで購入したパプリカをたっぷり使いました。

       15年9月19日


グヤーシュと一緒に食べるダンプリングです。我が家のダンプリングは、ジャガイモをたくさん入れたイタリアのニョッキ風です。
          15年9月19日 2



前菜(というよりお酒のおつまみ)は先日お友達の自宅に招いて頂いたときにのカナッペが美味しかったので、真似して作ってみました。クラッカーにマッシュポテトとサバの燻製(mackerel)をのせてみました。mackerelの燻製はどこのスーパーでも売られている加工魚です。

先週ロンドンのバラマーケットで6色のカラートマトを購入しました。今日は紫がかった赤、グリーンと黄色のトマトをオリーブオイルとお塩だけで食べました。トマトについては後日レポートしたいと思います。

       15年9月19日3

     にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

category: 東欧&ロシア料理

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tag: 英国生活  家ご飯  ハンガリー料理  トマト  バラマーケット  イギリス 
tb: 0   cm: 0

△top

ロシア料理のボルシチを作りました。 

 


今夜はボルシチを作りました。ボルシチに入れるビーツは栄養価が高く、美容や健康に良い野菜として注目されています。ビーツは野菜嫌いのP君が好んで食べる、数少ない野菜の一つです。
一皿目のお料理としてベーコンとニンニクのパスタも作りました。

パスタを入れたお皿のサイズは30cm近くありますが、お料理を盛るスペースが少しかないため、前菜用のお皿として使っています。フランスのカルフールの食器売り場で購入したお皿です。日本円で1枚2000円弱でした。

   ボルシチはなぜ甘い?
   ボルシチにビーツを入れると、独特の味と色になります。
   ビーツにはショ糖(ブドウ糖と果糖が結合した二糖類の一種)が含まれており、糖分が水にとける
   ためスープもほんのり甘くなります。
   ビーツの缶詰を使うとした処理をしなくて済みますが、生のビーツの美味しさには勝てません。


       15年6月2日


       15年6月2日 4


   
クリックをお願いできれば幸いです。

category: 東欧&ロシア料理

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tag: 英国生活  料理 
tb: 0   cm: 0

△top