イギリスでお料理とアンティークを楽しむ暮らし

色々な国のお料理に挑戦しながら、アンティークやクラフトを楽しんでいます。

アンティークレッスンの生徒さんとのクリスマスパーティー 

 

アンティークレッスンにご参加頂いた皆さまと、ささやかなクリスマスパーティーを行いました。
前菜にはサーモンとバーブ入りのクスクスのタンバル仕立てをご用意しました。


     15年12月21日3

 
クスクス、キュウリ、チーズのムース、最後にスモークサーモンを重ねました。ディルを飾ってオリーブオイルとバルサミコクリームをかけて出来上がりです。前菜の後はメインディシュの用意などで、写真を撮る余裕がありませんでした。
     15年12月21日4


            デザートの後は、暖炉に火を入れて、焼きマシュマロを楽しんで頂きました。
            15年12月21日2

  記事を読んで頂きありがとうございます。
  ボタンを押して頂けると励みになります。
  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

category: アンティーク&クラフトレッスン

thread: イギリス生活 - janre: 海外情報

tag: 英国生活  イギリス生活  アンティーク  家ご飯 
tb: 0   cm: 0

△top

イギリスのアンティークガラスレッスン 

 

今日はアンティークガラスの講習でした。
アンティークガラスは、素朴なソーダガラスから、ゴージャスなクリスタルカットグラスなど様々な種類のガラスがあります。

教材として使用している約30種類のアンティークガラスの一部です。「教材」と自分に言い訳をしながら、コレクションしています。
   15年11月11日


私のコレクションの中で一番古いアンティークガラスは、1700年代に作られた「エアーツイストステム」のワイングラスです。
1700年-1800年はジョージ1世、2世、3 世が国王として在位していたハノーヴァー王朝の時代です。この時代ワイングラスは王侯貴族だけのものでした。このグラスを製作した職人も300年前の所有者も、このグラスが日本人の手に渡るとは、夢にも思っていなかったことでしょう。
          15年11月11日3



ウランが含まれたウランガラスも素敵です。ブラックライト(紫外線)を当てると、緑色に発光します。ウランが含まれていているといっても微量なので、もちろん危険はありません。テレビのブラウン管から放射される程度の放射能です。

         15年11月11日2



 記事を読んで頂きありがとうございます。
 ボタンを押して頂けると励みになります。
   にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ





category: アンティーク&クラフトレッスン

thread: 洋食器 - janre: 趣味・実用

tag: 英国生活  英国アンティーク  アンティークガラス  家ご飯 
tb: 0   cm: 0

△top

不定期のお料理レッスンはベトナム料理でした 

 

今日はヴェトナム料理レッスンでした。
お料理レッスンはリクエストベースの不定期の開催のため、次回の予定は未定です。

メニューは生春巻きと揚げ春巻き、2種類のソース(ヌクマムベースのヌクチャムとピーナッツソース)をお持ち帰り頂きました。レッスンの後は試食をして頂きました。

生春巻きと揚げ春巻き、米粉のヌードルと炒めた牛肉とサラダをのせたボ・ブン、グリーンパパイヤとエビのサラダ、スペアリブでした。携帯が行方不明になり、写真を撮ることができなかったのですが、生徒さんが写真を送って下さいました。
皆さまご参加をありがとうございました。

テーブルに所狭しと並べられたお料理です。テーブルを大きくエクステンションすればよかったと、いまさらながら後悔しています。
          15年11月9日


シェリーのアンティーク (ワイルドフラワー)でデザートとお茶をお出ししました。ご参加をありがとうございました。

          15年11月9日2


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
押して頂けると励みになります。

category: アンティーク&クラフトレッスン

thread: イギリス - janre: 海外情報

tag: 英国生活  料理  家ご飯  ベトナム料理   
tb: 0   cm: 0

△top

生徒さんと一緒に郊外のアンティークフェアーへ 

 

アンティークの講習会に参加を頂いた生徒さん方とPeterboroughのアンティークフェアーに行きました。
ヨーロッパでも大規模なこのフェアーは、お値段も安く品物も充実しています。私の一押しのアンティークフェアーです。


生徒さん方にアテンドさせて頂くために来場しているのですが、、気がつくと両手にいっぱいの荷物が....いつも予定外のお買い物をしてしまいます。生徒さん方もお買い物を楽しんで頂きました。

初日にはイギリスのBBC人気番組の「アンティーク・ロードショー」プレゼンテーターのティム(Tim Wonnacott)おじさんの姿も見られます。毎回撮影で訪れているようです。

        15年10月2日2

写真の建物は会場の一部です。このほかに、メインホールと野外会場があります。一日では全てのお店をまわることはできません。


        15年10月2日3
会場には、陶磁器やシルバーウェア、コインなどあらゆるアンティークアイテムが所狭しと並べられています。アンティークファンでなくても訪れる価値のある素晴らしいフェアーです。


今回私の購入したガラスのプレートです。このプレートはジョージ6世(エリザベス女王の父)が1936年に国王として戴冠した記念に作られたプレートです。プレートの下に書いてあるELIZABETHの名前は、ジョージ6世の妻であるエリザベス王妃の名前です。

これと同じお皿がイギリスのオンラインショップで£18、アメリカのオンラインショップで$150で販売されていましたが、私は£5で購入しました
戴冠記念の陶器のお皿やカップは国王と王妃の写真がプリントされているものが多く、王室ファン意外にはあまり人気のないアイテムです。こちらのガラスのお皿はかわいらしくて実用的です。


       15年10月2日6



左上のガラスのキャセロールは3月に開催されたのアンティークフェアーで購入しました。エリザベス女王の戴冠記念のガラス器です。蓋の上に王冠と女王の名前のELIZABETH、戴冠した年(1953年)が刻まれています。

      15年10月2日7


ガラスのバター入れも£5で購入しました。これはアンティークでもヴィンテージでもない現代のものです(つまりただの中古品です)。現代透明のきれいなガラスなので近年のものだとは思っていましたが、なんと現在もお店で販売していました。新品の値段は£24でした。(£5で買ったのでOKです)

       15年10月2日9


フェアーやマーケットでは、アンティークやビンテージアイテムに混ざって、近年に製造された中古品もたくさん販売されています。値段の高いアイテムがアンティークである保証はありません。気になることは納得するまでディラーに質問して下さい。

ル・クルゼの蓋付きのスープボールが1つ£10で売られていました。新品は二つで£28なので中古にしては高すぎるお値段です。果たしてこの中古のスープボールを£10で購入する人がいるのでしょうか.....。楽しいけれと謎も多いアンティークフェアーです。

今回購入した他のアイテムは別の機会にご紹介したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
押して頂くと励みになります。


category: アンティーク&クラフトレッスン

thread: イギリス - janre: 海外情報

tag: アンティークフェアー  英国生活  イギリス観光  アンティークガラス  英国アンティーク 
tb: 0   cm: 0

△top

アンティークレッスン後のお食事です。 

 

4回コースのアンティークレッスンは4回目のアンティークガラスの講習の後に、お食事をお出ししています。

今日のメニューはスモークサーモンのアミューズ、ベーコンとパルメザンチーズの一口パイ、野菜のテリーヌ、ほうれん草とリコッタチーズのカネロニとグリーンサラダでした。

パイは市販の生地を使って手軽に作っています。バター100%なのでサクサクと美味しく焼けました。
ピンクのバラは庭に咲いたものです。夏に黒点病にかかってしまい、それ以来元気がないのですが、9月の終わりに最後のお花を付けてくれました。デービッドオースチンのクイーン・オブ・スエーデンという品種です。

       15年10月30日4



スモークサーモンにサワークリームをのせました。アミューズ用のスプーンに盛り付けてみました。
      15年10月30日3

カネロニは手打ちパスタを作る時間がなかったため、市販のフレッシュラ・ザニアーシートを使って作りました。フレッシュとはいえhi日持ちするように半生の状態のため、そのまま具を包むとシートが割れてしまうため、シートを熱湯に5分ほどつけてから使うのがポイントです。

       15年10月30日2

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
ボタンを押して頂けると励みになります。

category: アンティーク&クラフトレッスン

thread: イギリス - janre: 海外情報

tag: 英国生活  英国アンティーク  イタリア料理  カネロニ 
tb: 0   cm: 0

△top