イギリスでお料理とアンティークを楽しむ暮らし

色々な国のお料理に挑戦しながら、アンティークやクラフトを楽しんでいます。

ロンドンのバーバーリーカフェでアフタヌーンティー 

 


お友達と一緒にロンドンのバーバーリの店内にある、バーバーリカフェに行きました。


      カフェにもバーバーリ製品がディスプレイされています。
16年2月12日8


せっかくなのでアフタヌーンティーを頂くことに(£32)。ここのカフェーは時間制限もないため、ゆっくりお茶とお菓子を頂きながらおしゃべりすることができます。(ロンドンの有名なホテルのアフタヌーンティーには、2時間制のところがほとんどです)

モダンなガラスとアイアンのトレイに、ケーキとサンドイッチがのせられていました。サンドイッチはキュウリ、スモークサーモンとエッグマヨネーズでした。シンプルなサンドイッチですが、美味しく頂きました。
     16年2月12日5


     16年2月12



サンドイッチやケーキを頂きながらお友達と楽しくおしゃべりしていると、喉が渇いてきます。
最初にサーブされた紅茶は、小さなポットに一杯分(茶葉も一杯分)しか入っていないため、新しいお茶をお願いしました。
ところが「茶葉を足す場合は、£5の追加料金をいただきます」とのこと。
£5も支払いたくたないためしかたがないので無料のお湯を足してもらいましたが、茶葉が少ししか入っていなかったため、2杯目の紅茶はお茶の味がしませんでした。

「お茶1杯でサンドイッチ、ケーキやスコーンを食べることはありえない」、とやんわり抗議したら、「わかりました。もってきます。」とのこと。(なんだかよくわかりません.が、とりあえずお茶のおかわりができたので、めでたしめでたし.)

     16年2月12日3



お茶のおかわりが運ばれて、まもなくすると温かいスコーンとクランペットがサーブされました。
クランペットはイーストで発酵させたホットケーキのようなもので、もちもちとした食感です。イギリスでは朝食やおやつとして人気のあるパン菓子です。アフタヌーンティーとクランペットの組み合わせは初めてでしたが、とても美味しく頂きました。

               ほかほかのスコーン。
     16年2月12日4



ぽつぽつの穴があいているクランペット。バターとジャムをたっぷりつけて頂きました。
    16年2月12日2



お会計をすませてからレディースルームに行くと、おトイレも高級感あふれるインテリア、さすがバーバーリ。しかしふと洗面台に視線をおとすと 
ボトルに大きな文字で£1と書かれたハンドソープ 

が大理石の洗面台に鎮座していました。
場末のカフェにもおいていないような安物のハンドソープが、なぜバーバーのおトイレに。謎の多いバーバーリカフェでした。

     16年12月12日6


  記事を読んで頂きありがとうございます。
  ボタンを押して頂けると励みになります。
  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


category: イギリスでの外食

thread: イギリス生活 - janre: 海外情報

tag: 英国生活  ロンドン  アフタヌーンティー  英国アンティーク  イギリス生活 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ukcountrylife.blog.fc2.com/tb.php/121-99ecebaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top