FC2ブログ

イギリスの田舎でお料理・クラフト・アンティークを楽しむ プチ引きこもり生活

イギリスの田舎でお料理、クラフトやガーデニングを楽しんでいます。

チェルシー・フラワーショー2018年 

 

チェルシー・フラワーショー 2018 その①

超久しぶりの更新になってしまいました。
毎年5月にチェルシー王立病院の敷地で開催されている、ガーデンチェルシー・フラワーショーに行ってまいりましたので、その感想です。

チケットを購入しようとWebサイトをみたとき、チケット代のあまりの高さに目が飛び出ました。

お庭を見るだけでこの入場料。世界中からガーデンファンが訪れるため、かなり強気の値段設定です。
お一人様 約£100
ロンドンへの交通費とチケット代、ランチ代などを入れると£300超えのお出かけになってしまうので、やはり夫からは「ちょっと高すぎるのでは」と一言。

気を取り直してお安いチケットを探してみると、午後3時30分から入場できるお£53のチケットがありました。
しかしながら、この安いチケットは当日チケットオフィスで入場の状況をみて販売される状況でした。
ショーの当日チケットオフィスに1時間も並び、なんとか購入することができました。
お一人£300(5万円)を超えるグラスシャンパン&ランチ付きのチケットもありましたが、一人£200も支払えば、ロンドンのミシュランの三ツ星のレストランでグラスシャンパンとワイン付きの豪華なランチがゆっくりと頂けます。
なんともバブリーなフラワーショーです。

 
素敵なガーデンの展示が沢山あったのですが、どうしても皆さまにこれを見て頂きたいのです。
多摩霊園......  

      IMG_9605.jpg  霊園
       チェルシーフラワーショーのメダル受賞作品      日本の霊園

"省スペースのために親戚一同のお墓を積み上げた" かのような墓石オブジェは、墓石を日本から持ってきて積み上げたとしか思えません。来場した日本人皆さまも私と同じ感想をもたれたと思います。

      Chelsea2018-4 
        イギリスの北にあるヨークシャをイメージしたガーデンです。

      Chelsea2018-3

      Chelsea2018-1
       こんな素敵なガーデンのあるダイニングで食事をしてみたいものです。

チェルシー・フラワーショーは 出展した優秀なガーデンにメダルを贈与しています。
日本からは石原和幸氏が出展して、みごとゴールドメダルを受賞しました。過去にも何度もメダルを受賞している素晴らしいガーデンデザイナーです。
フラワーショーに出展費用に関する記事で、ガーデンを出展するための費用は数千万との記事が出ていました。
ガーデングッズの小規模のお店の出展費用の£3500(約50万)なので、数十万人の入場料を考えると、主催者である王立園芸協会 は大儲けをしていると思われます。

出展してメダルを受賞したカーディナーには、世界中のお金持ちから高額な造園の依頼がくるので、高額な出展費用を支払っても、投資効果があるのだそうです。
ショーでは£3000の椅子が売られていたりと、庶民にはとても手の届かないお値段のガーデンファニチャーが美しく展示されていました。こ

植物を育てながら庭を作り上げるのではなく、完璧な美しい庭を10日で作り上げることができるガーディナー方の技術に驚いてしまいました。
      石原さんの庭

      ゴールドメダル受賞の石原和幸氏の「おもてなしの庭」です。
      欧米では、伝統的な日本庭園のデザインはとても人気があります。
      
      記事を読んで頂きありがとうございます。
      ボタンを押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

category: ロンドンの観光&お出かけ

thread: イギリス生活 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ukcountrylife.blog.fc2.com/tb.php/142-71dca059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top