FC2ブログ

イギリスの田舎でお料理・クラフト・アンティークを楽しむ プチ引きこもり生活

イギリスの田舎でお料理、クラフトやガーデニングを楽しんでいます。

チェルシー・フラワーショー2018 その② 

 

チェルシー・フラワーショー2018 その②

チェルシー・フラワーショーの続きの記事です。

大テントの中にも、ガーデンの展示があります。またデービットオースチンなどお花の苗などを販売している業者さんのお花の展示もありました。
j業者さんのお花の展示のブーズではお花の苗の注文を受け付けていました。庶民の私にも購入できるお値段のものが販売されていたので、ほっとしました。

私が大好きなバラの生産者のDavid Austinのブースでは、パーゴラを使用してローズガーデンに仕立ててありました。
ショーの開始当日にお花が綺麗に開花するような木を選び、バラを根ごと移植するのは大変な作業だったと思います。
うっとりと眺めていると自分の庭と同じ品種のバラを見つけたので、なんだか嬉しくなってしまいました。

      David CFS2018
                David Austin 出典

我が家の庭でも、David Austinのバラを10本育てていますが、バラのお花を綺麗に咲かせるのは本当に難しい作業です。毎年黒点病やうどん粉病と戦っています。

特大テントの中では、お葬式の祭壇を思い出させてくれるようなお花の展示がありました。
    IMG_9615.jpg IMG_9607.jpg


ショーの期間はチェルシーの街中でもお店や一般住宅の玄関などでもお花を展示しているので、会場に入場しなくてもお花を楽しむことができます。
     IMG_9597.jpg IMG_9598.jpg

          一目ぼれしてしまった紫のお花のお庭です。
       IMG_9602_20181005210137f89.jpgにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
記事を読んで頂きありがとうございます。
ボタンを押して頂けると励みになります。


下線文

category: ごあいさつ

thread: イギリス生活 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ukcountrylife.blog.fc2.com/tb.php/143-49ca0741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top