イギリスでお料理とアンティークを楽しむ暮らし

色々な国のお料理に挑戦しながら、アンティークやクラフトを楽しんでいます。

ロシア料理のボルシチを作りました。 

 


今夜はボルシチを作りました。ボルシチに入れるビーツは栄養価が高く、美容や健康に良い野菜として注目されています。ビーツは野菜嫌いのP君が好んで食べる、数少ない野菜の一つです。
一皿目のお料理としてベーコンとニンニクのパスタも作りました。

パスタを入れたお皿のサイズは30cm近くありますが、お料理を盛るスペースが少しかないため、前菜用のお皿として使っています。フランスのカルフールの食器売り場で購入したお皿です。日本円で1枚2000円弱でした。

   ボルシチはなぜ甘い?
   ボルシチにビーツを入れると、独特の味と色になります。
   ビーツにはショ糖(ブドウ糖と果糖が結合した二糖類の一種)が含まれており、糖分が水にとける
   ためスープもほんのり甘くなります。
   ビーツの缶詰を使うとした処理をしなくて済みますが、生のビーツの美味しさには勝てません。


       15年6月2日


       15年6月2日 4


   
クリックをお願いできれば幸いです。

category: 東欧&ロシア料理

thread: +おうちでごはん+ - janre: グルメ

tag: 英国生活  料理 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ukcountrylife.blog.fc2.com/tb.php/26-a6cbde27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top