イギリスでお料理とアンティークを楽しむ暮らし

色々な国のお料理に挑戦しながら、アンティークやクラフトを楽しんでいます。

ロンドンの新名所のSky Gardenへ行きました。 

 


今日はロンドンの新名所である20 Fencurch Street(フェンチャーチストリート)ビルのSky Garden へ行きました。

事前予約が必要ですが、無料でビルの35階の展望ガーデン入場することできます。親切でまめなお友達に予約をして頂いたので、ロンドンの名所を訪れることができました。ありがとうございました。
予約はこちらからどうぞ。

SkyGardenは想像以上の素晴らしさでした。360度のパノラマでロンドンの絶景が見渡せます。入場制限をしているため、それほど込み合っておらす、空からの景色をゆっくりと楽しむことができました。

       15年9月18日A


地上階にある専用の入り口で予約のチェックを受けてから、空港と同じようなセキュリティーゲートを通過します。銀色のエレベータへで約40秒、であっという間に天空の庭園に到着します。
     15年9月18日A2 15年9月18日A6


ビルはトランシーバーのような形のビルです。入り口の正面にセルフサービスのカフェーがあるので、ビルを眺めながらお茶を飲むこともできます。
     15年9月18日A3   15年9月18日A4


展望テラスからのテムズ川沿いの眺めです。左手にはロンドン橋とロンドン塔、右手にはロンドンアイ(巨大な観覧車)を望むことができます。ティムズ川沿いのウォータフロントの集合住宅は値上がりをし続け、今では1億や2億では到底買えない超高額な投資物件となりました。オーナはアラブ、ロシア、中国人が中心です。もはやイギリス人の裕福層でも手の届かない高嶺の花となりました。
      15年9月18日A8

最上階へつづく斜面に様々なグリーンが植えられています。最上階のレストランでは景色を眺めながら食事を頂くことができます。セントポール寺院の向こうに見えるタワーは、ブリティッシュテレコムのBTタワーです。シェイプが浅草のスカイツリーに少し似ていますが、高さはわずか191メートルです。
      15年9月18日13    15年9月18日A10


センスよくコーディネイトされているソファーセット。ソファー自体はプラスティック製ですが、カバーやクッションが置かれていたのですわり心地はそれほど悪くありませんでした。このソファーにはお茶を注文しなくても座ることができます。
      15年9月18日A12


セルフサービス式のカフェカウンターには、美味しそうなお菓子や軽食がきれいにディスプレイされていました。このあとランチを予定していたので、ここでの飲食はぐっとこらえて景色だけを楽しみました。
       15年9月18日A7

      
フェンチャーチストリートビルが建てられている地域は、シティ・オブ・ロンドン(City of London)と呼ばれてる、銀行や証券会社がひしめくインターナショナルな金融街です。
右手のビルは独特の形をしたガラス張りビルは、サーティ・セント・メリー・アクス(30 St Mary Axe)別名「ガーキン(The Gherkin)」です。ガーキンとはピクルス用の小型のキュウリのことですが、どちらかといえばミサイルのように見える気がします。
左手のビルは122 リーデンホールストリート(122 Leadenhall Street)、別名チーズグラインダー(チーズ削り)とも呼ばれています。確かにチーズ削りのような形をしています。
          15年9月18日A14


ロンドンの東部にあるウォーターフロント開発地であるCanary Wharf(カナリーワーフ)のビル軍。
       15年9月18日A9

    にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
   応援よろしくお願い致します。

category: ロンドンの観光&お出かけ

thread: イギリス - janre: 海外情報

tag: ロンドン観光  英国生活  イギリス  家ご飯  ロンドン名所  スカイガーデン   
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ukcountrylife.blog.fc2.com/tb.php/69-d30d976c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top