イギリスでお料理とアンティークを楽しむ暮らし

色々な国のお料理に挑戦しながら、アンティークやクラフトを楽しんでいます。

出張レッスンで美味しい中国茶をいただきました。 

 


今日は北ロンドンまで、カルトナージュ出張レッスンに行ってまいりました。

お伺いしたご自宅は、閑静な住宅街の天井の高いとっても素敵なお家でした。さりげなくアレンジされた生花が飾られていて、田舎なのに狭い我が家とは大違いでした。広く明るいキッチンは、超私好みのデザイン。写真でお見せできないのが残念です。

レッスンは、皆さま綺麗に仕上げて頂きました。その後にとても美味しいお茶を出して頂きましたが、お茶の種類の見当がつきませんでした。中国の龍井茶(ロンジン茶)と教えて頂きました。あまりに美味しかったので、少し調べてみました。

<龍井茶> 英語名 Long Jing tea または Dragon Well tea
お茶の専門店のEAST INDIA COMPANY では 「 Dragonwell Lung Ching Green Tea 」の名前で販売されています。(Jing Ging  Ching どれが正しい明記なのでしょうか....)

中国の杭州市特産の緑茶です。蒸さないで煎るため、お茶の水色は薄い緑色です。甘味と渋みのバランスのよい、中国を代表する緑茶のです。上品な味わいでとても美味しいお茶です。
龍井茶の名は、西湖の西に位置する龍井村で作られていたことからその名がつけられました。

            15年11月6日6

こんな素敵な茶器で頂きました。中国茶用の茶器が欲しくなってしまいました。
   15年11月日2    15年11月6日 3

フォートナム&メイソンで販売している「Darjeeling Badamtam First Flush FTGFOP1」の味(口に含んだ瞬間)と少しだけ似ていましが、似て非なるものでした。こちらのお茶も最近のお気に入りの紅茶です。ちょっとご紹介させて頂きます。
 
Finest Tippy Golden Flowery Orange Pekoe 
ファインニスト・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー

    15年11月6日7     15年11月6日8



Badamtam (バダンタン)茶園はインドのダージリンの名園です。First Flush(ファーストフラッシュ)は春摘みの茶葉です。
FTGFOP1の暗号のような意味は、優れた金の芽・ゴールデンチップを豊富に含む花の香りのする茶葉という意味です。最後の1はプレミアム(ベスト)な茶葉と説明がありました。
この紅茶は
「Badamtam茶園の春に摘まれた 優れた金の芽・ゴールデンチップを豊富に含む花の香りのする茶葉のダージリン紅茶」
名前が長い....
家の犬の犬種も長い名前ですが(ノーバスコシア・ダック・トリング・レトリバー) この紅茶名には負けました。


水色は薄いグリーンで、紅茶には見えない色です。左はIKEAで購入した耐熱ガラスのカップです。右はマイセンのアンティークカップです。
    15年11月6日10    15年11月6日9

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
よろしければ押して頂けると励みになります。

category: イギリスの食材&お茶

thread: 洋食器 - janre: 趣味・実用

tag: 英国生活  英国アンティーク  英国紅茶    マイセン  中国茶 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ukcountrylife.blog.fc2.com/tb.php/96-a8a72dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top